Re: 中央構造線はプレートの境界ですか?

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

中村健

なし Re: 中央構造線はプレートの境界ですか?

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2014/3/9 7:41
中村健  長老   投稿数: 557

九州の地殻変動の様子を見てみました(国土地理院の最近10年間の観測)。
九州プレート境界.jpg
固定局は稚内を選んだのですが、ここはユーラシアプレートと北アメリカプレートの接点
で、プレート間の力関係が均衡を保っていて、日本列島で地殻変動の最も小さい地点と思
われたからです。

ところが九州でも、久住観測点(丸囲み)ではほとんど変動がありません。ここはユーラ
シアプレートとフィリピン海プレートの接点になっていて、両プレート間の力関係が拮抗
している地点のように見えます。

さらに、久住の周りの地殻の動きに着目すると、東へ向かっていたユーラシアプレートが、
(1)中央構造線より北側では北東に進路を変え、中国地方に向かっていて、
(2)中央構造線より南側では南東に進み、琉球海溝方面に向かっています。

これは、久住付近までフィリピン海プレートが割り込んでいて、ユーラシアプレートの前
面に立ちはだかって二つのブロックに切り裂き、四国(中央構造線より南側)へのユーラ
シアプレートの進出を阻止しているということでしょうか?

ということで、ぼくは、南海トラフが両プレートの境界だという説には疑問を感じている
のですが、おかしなところがあったらご指摘ください。          (中村健)

  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
OpenIDでログイン

OpenIDを入力



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project