Re: 中央構造線はプレートの境界ですか?

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

中村健

なし Re: 中央構造線はプレートの境界ですか?

msg# 1.1.3.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1
depth:
13
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2014/4/6 17:48
中村健  長老   投稿数: 581

四国の地殻の厚さを試しに計算してみました。ここでは、地殻とは、プレート上部の流動
性のない部分を指すことにします。

取り上げた観測地点は、
 A.美川局(久万高原町大川)と、B.中土佐2局(中土佐町久礼)で、
この二地点間の地殻を直方体と見なすと、
 長さ(両地点の距離)= 38(㎞)、幅=W(㎞)、厚さ=T(㎞)
最近10年間の地殻変動量は、
 長さの変動(水平圧縮量)= 9.3(㎝)、厚さの変動(平均隆起高さ)= 4.5(㎝)
と観測されています。

ここで、二地点間の地殻の10年前の体積と現在の体積を比較してみると、
 10年前 V1 = 38×W×T(立方㎞)
 現在  V2 =(38-0.000093)×W×(T+0.000045)(立方㎞)
この10年間で、体積の変動はなかったものと見なすと、
 体積差 V2-V1 ≒ 38×W×0.000045-0.000093×W×T≒ 0(立方㎞)
 従って T≒ 38×0.000045÷0.000093 = 18.4(㎞)
となります。

四国の中央構造線より南側では、フィリピン海プレートがユーラシアプレートに潜り込む
ときに、地殻上部の残置体を圧縮隆起させていると想定できるのですが、18.4 ㎞ という
数字は、その残置体の厚さを表わしているとみてよいでしょうか?     (中村健)

  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
OpenIDでログイン

OpenIDを入力



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project