Re: 中央構造線はプレートの境界ですか?

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

中村健

なし Re: 中央構造線はプレートの境界ですか?

msg# 1.1.3.1.2.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2.1
depth:
17
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2014/11/15 17:39
中村健  長老   投稿数: 571

TSUBAMEさん、興味深い文献をご紹介くださってありがとうございます。

次の図は、国土地理院の地殻変動の画像に、プレートの大まかな動きを矢印で描き加えて
みたものです。
豊後水道.jpg
(1)ユーラシアプレートの前面には、フィリピン海プレートがくさび状に立ちはだかっ
ているために、九州北部で、本州方向と九州南部方向の二つの流れに分岐されている。
(2)フィリピン海プレートの地殻は、中央構造線付近で、ユーラシアプレートの側面に
T字状に接している。
(3)豊後水道付近では、定常時にはフィリピン海プレートの動きに同伴しているが、5
年に一回の周期で、ユーラシアプレートの本州方向への動きに同調している。

このことは、豊後水道付近の地殻は、フィリピン海プレートともユーラシアプレートとも
固着度が低く、現在はユーラシアプレートへの付加途上にあるように見えます。今後は、
この部分の地殻が北上するにつれて、ユーラシアプレートとの固着度が増してくるものと
思われます。

その結果、現在の5年周期の変動がどのように変化するのか興味のあるところですが、そ
れを確かめるには、あと少なくとも数百年は待たないといけないでしょうね。(中村健)

  条件検索へ


ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
OpenIDでログイン

OpenIDを入力



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project