昨年「御巣鷹の尾根」日航ジャンボ機墜落現場へ行く機会がありました。

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2017/8/12 21:03
N-EXP  一人前   投稿数: 98

  昨年「御巣鷹の尾根」の日航ジャンボ機墜落現場へ行く機会がありました。毎年この時期になるとニュースになるのはご存知の通りです。少々場違いな感じもありますが、単純に地理や山に関心のある者としての立場から少し書き込ませていただきます。現場には以前も行った事があるのですが、霧が出て何も見えず、周囲の状況が見渡せたのは昨年が初めてでした。
 
  夜中までテレビにクギ付けになったあの晩(1985年8月12日)の事は、今でもよく覚えていますが、今もって引っかかるのは、墜落現場の位置が夜明けまでわからなかった事です。自衛隊や警察、消防の間で、御座山とか小倉山とか情報が錯綜し、結局夜明けまで正確な位置が把握できませんでした。上野村の中心部で山の深さを実感すると、現場から100メートルやそこらの火柱が上がったところで、人里から視認できなかった事は容易に想像がつきましたが、ヘリコプターから燃えている墜落現場が見えるのに、それが地図上のどこにあたるのかわからないと言うのは、当時から不思議でした。炎上地点の真上でヘリコプターからライトを点滅させ、その方位角を他の複数の地点(または他のヘリコプター)から測定すると言った方法で、その夜のうちに墜落地点を割り出す事が出来なかったのか…? しょせんはシロウト考えですが、早期に救助活動を開始していればもっと多くの生存者が…、と言う声は当時から多数ありましたね。
  とは言うものの、やはり現場は周囲に民家もほとんど(まったく?)ない無人の山岳地帯。特に登山者に人気のある山もなく、東京都心から直線で100キロそこそこの距離に、このような場所があった事には改めて驚かされました。唯一現場を見降ろせそうなのが、正面に見えた両神山でしたが、あの晩この山に登っていた人はいなかったのでしょうか。(墜落を目撃したとしても、当時は携帯電話を持っている人は、ほとんどいなかったでしょうが…)
 
 
 2016‐10%2C上野村.JPG
現場一帯の中心になる「昇魂の碑」

2016-10 上野村  - コピー.JPG 2016 10 上野村.JPG
×印は最初に機首が激突した地点だそうです。

2016‐10%2C上野村 (4) - コピー.JPG
全般に視界は効きませんが、樹木の間から見えた両神山(おそらく現場から見える唯一の日本100名山?)

2016‐10%2C上野村 (2) - コピー.JPG
U字溝、最初に機体が接触した跡だそうです
 
最後にあらためてこの事故で亡くなられた方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
 

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017/8/13 6:40
TSUBAME  長老   投稿数: 436

おはようございます。

 当時、石垣島から那覇へ飛行機で移動中でした。
 那覇について、タクシーに乗ったら「レーダーから消えたらしい」と運転手さんから聞かされました。

 自衛隊も偵察機を飛ばした!という報道も聞いた覚えがありますが、場所の特定には時間がかかりましたね。
 絞り込むのに時間がかかったのでしょうね。目視で識別できる範囲が限られるでしょうから。

 あらためて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017/8/15 10:36 | 最終変更
N-EXP  一人前   投稿数: 98

  TSUBAMEさん、おはようございます。

  私はあの年の7月まで飛行機に乗った事がなくて、ちょっとドキドキしながら乗った覚えがあります。結局その時は何事もなかったのですが、そのわずか2週間後にこの事故が起きて、なんとも複雑な思いでニュースを見たものでした。
 現在はGPSも発達し、いろいろな機器が当時より格段に進歩していると思いますが、関係者は夜間に燃えている場所の位置を地図上のどこか特定する訓練・・・と言ったような事はやっているのでしょうか? 意外と初歩的なところが抜け落ちていないか、気になるところです。

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/8/15 18:16
TSUBAME  長老   投稿数: 436

こんにちは。

 少なくとも?我々の某業界では、地図を見て自分がどこにいるか?は分からないようです(年寄りを除いて)。
 GNSS 機器で経緯度を取得し、それを地図で、、、自分の位置を把握するという状況です。
 業界でも、分野によって差異はあるかと思いますが、電子化が進んだ分野(部門)に、その傾向は大きいように感じます。

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017/8/17 11:11
TYF  一人前   投稿数: 102

 N-EXP さん、みなさん、こんにちは。

 先日、田代博さんのツイッターで『日航123便墜落の新事実』という本の紹介を拝見し、すぐに買い求め読んでみました。著者は元日本航空客室乗務員の青山透子さんで先月発行されたばかりの新刊書です。この墜落には多くの謎が指摘されていましたが、30余年経過した今でもこの謎の解明のために努力されておられる方がいらっしゃることに大変驚きました。墜落当日の状況に関して、上野村の小学校と中学校の児童・生徒の文集が残っており、その中で多くの児童・生徒が墜落したジャンボ機と同時に2機の戦闘機を目撃していること等多くの疑問を新たに指摘されていました。墜落個所の特定と公表が大変遅くなりましたが、公表の前に墜落現場で何らかの作業が密かに行われていた可能性についても指摘されていました。

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/8/22 18:12
N-EXP  一人前   投稿数: 98

TSUBAMEさん。こんばんは。
 
  少し前の新聞に出ていましたが、海上保安庁志望の学生の中に泳げない人がかなりいるとか。どこの世界でもそうですが、いろいろな事が便利になり過ぎて、基本が忘れられている気がしますね。
 

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017/8/22 18:17 | 最終変更
N-EXP  一人前   投稿数: 98

TYFさん、こんばんは。
 
 日航ジャンボ機を自衛隊が誤って撃墜したのではないかという説、確かに当時からありましたね。今も謎が多い事故である事はご承知の通りです。
 私個人的には事故当時、手際の悪さばかりを感じました。現場の自衛隊員に大変な苦労があった事は認めますが、かんじんの中曽根総理(当時)は現場視察より先に靖国神社参拝に行って、マスコミから批判を受けていました。青山透子さんの本はまだ読んでいませんが、幸か不幸かそんな映画のような“陰謀”の企てられる国ではないのではないかと言うのが実感でした。政府関係者のドタバタぶりは、この約10年後の阪神大震災でも見られました。最近はどうなのでしょうか。
 政治に関係する話になると、いろいろな意見があるかと思いますが、どうかご理解をお願いいたします。
 

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017/8/22 18:28
TSUBAME  長老   投稿数: 436

こんばんは。

 戦時改描も、いわば政治的なことですから。

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017/8/24 9:59
N-EXP  一人前   投稿数: 98

おはようございます。

 NHKの大河ドラマを見ていると、戦国武将らが地図を見ながらあれこれ思い悩む場面は珍しくありません。また徳川幕府は伊能忠敬の日本地図が外国へ持ち出されるのを非常に恐れていたとか。地図は歴史上、多くの場合「戦の道具」として進歩してきたのではないかと思います。遺憾な事ですがそれも現実ですね。 

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/9/14 19:08
TSUBAME  長老   投稿数: 436

こんばんは。

遅くなりましたが、、、戦(いくさ)というより、"国益"だったのではないでしょうか?

  条件検索へ

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
OpenIDでログイン

OpenIDを入力



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project