地震の「予知」はできるでしょうか?

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


中村健

なし Re: 地震の「予知」はできるでしょうか?

msg# 1.3.1.1.2.1.1.2.1.1.2.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2017/12/29 8:21
中村健  長老   投稿数: 502

これまで、プレートの断面図を北から順に見てきましたが、今回は最後に南西諸島です。
プレート断面南西諸島.jpg
この図からは分かりにくいのですが、ここでは、大陸に近いところで地殻の変動速度が大
きく、西寄りの地域ほど地震が多くなっています。

各地のプレートの断面図を比較すると、震源の分布については、全国共通の傾向が見られ
るような気がします。例えば、
(1)海峡から100km未満の地域が震源となることは少ない。
(2)海峡から100~250kmの地域では陸側のプレート内全域で地震が多い
(3)海峡から250~400kmの地域では震源の浅い地震が多い。
(4)海峡から400km以上の地域では地震は少ない。

また、大平洋プレートとフィリピン海プレートでは、プレートの潜り込みの勾配に差があ
り、それが震源の分布に影響を与えているようです。(中村健)

中村健

なし Re: 地震の「予知」はできるでしょうか?

msg# 1.3.1.1.2.1.1.2.1.1.2.1.1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/1/14 7:52
中村健  長老   投稿数: 502

日本列島の地震エネルギーの分布状況を調べ直してみました。
地震エネルギー分布図.jpg
この図は、1923~2017年の95年間に気象庁で記録された地震について、震源の位置を経度
60分、緯度40分ごとに区分して(1/20万図の一図幅の範囲に相当)、それぞれの区画で
放出された地震エネルギー値を集計したものです。

ここでは、マグニチュード7の地震を基準として、その値を1Eと呼び、それぞれの地震
のマグニチュード値からエネルギー値を換算してあります。

この95年間の地震エネルギーの合計は約2000Eで、その内1000Eは2011年の東北地方太平
洋沖地震(本震のみでマグニチュード9.0)でした。この一回の地震だけで全体の半分を
占めていることからも、その巨大さにびっくりさせられます。(中村健)

  条件検索へ

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
OpenIDでログイン

OpenIDを入力



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project