高尾山薬王院の「三密の道」

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2020/6/11 18:48
N-EXP  長老   投稿数: 257

  久しぶりに高尾山へ行ったところ、薬王院の一角に「三密の道」と言うのがあるのに気づきました。高尾山仏舎利塔の登り口にあたるところになります。門をくぐってみましたが「三密」どころか人影もなし。何度も通った場所なのですが、今までは人が多くて入口に気づかなかったようです。
  仏教での「三密」とは、人間の日常生活に必要な三つの働きの事(身=身体、口=言葉、意=心)だそうです。首相や都知事が推奨している「三密」とはだいぶ意味が違って、紛らわしいのですが、特に仏教関係者から批判などの声を耳にしないのは、懐の深い話で感心します。そんな事を言ってる場合じゃないですよね・・・。
P1150676 1 (1).JPG

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/6/11 20:11
たばりん  長老   投稿数: 914

こんにちは

こんなところがあったのですね。

さて、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(Covid-19)対策として言われている「3蜜」は数字の3で表されているので特に何も言わなかったのでしょうか。このごろはかなり漢数字表記も見かけますね。

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/6/12 9:57
泰山  半人前   投稿数: 35

おはようございます

確かに、何度も通っているはずなのに気がつきませんでした。
今度詣でるときは是非寄っていきましょう。

余談ですが、ちょっと"茅の輪くぐり"に似ていると思って、「三密」・「茅の輪くぐり」で検索をかけてみたら、「三密を避けるために、茅の輪くぐりは人数制限・・・」的な文脈で使われているサイトが幾つかヒットしました。「茅の輪くぐり」に仏教用語としての「三密」は関係無い(と思う)ので、当たり前の結果と言えばそれまでなのですが(^_^;)

泰山

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/6/14 8:31
N-EXP  長老   投稿数: 257

みなさん、おはようございます。

「三密の道」の入り口は男坂の階段を登り切った右側にありました。そこそこの人出はありましたが、以前の高尾山に比べるとまだまだ歩いている人は少なかったですね。久しぶりに自然研究路1号を単純に往復しましたが、今まで見落としていた物にけっこうたくさん気づかされました。
 3月以降、外出もままならぬ状況でしたが、なんとか自由に登山や旅行が楽しめる状態に戻ってほしいものです。
 

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2020/6/18 18:11
品川地蔵  モデレータ   投稿数: 531

東京新聞の6/16(火)朝刊の最終ページに「三密の道」の記事がありました。
もしかして、N-EXPさんが書かれたとか。

--

## 品川地蔵 ##

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/6/21 6:30
N-EXP  長老   投稿数: 257

品川地蔵さんおはようございます。

 東京新聞のWEBニュースにも出ていましたね。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/35764

 私は特に東京新聞に知り合いはいませんが、記者がFYAMAPを見ていたのかも?
 いずれにしても仏教関係者が「三密という言葉を使うのはけしからん!」などと言い出さないところは素晴らしいと思いました。本来の意味でも「三密」を意識した生活を送りたいものです。

 

  条件検索へ

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録
OpenIDでログイン

OpenIDを入力



Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project